【限定】沖縄旅行の持ち物を紹介!役立つ便利グッズ、失敗しない持ち物の選び方を解説!

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
沖縄旅行
  • URLをコピーしました!

綺麗な海に青い空。他のエリアではなかなか味わうことが出来ない景色が広がっている沖縄は、旅行先として人気のある観光スポットです。

本州とは少し違った気候なので、旅行のときに何を持って行けば良いのか迷ったことはありませんか。そこで沖縄旅行を楽しむための持ち物リストや便利グッズ、失敗しないスーツケースの選び方などを解説します。

目 次[ジャンプ]

沖縄旅行のあると役立つ持ち物リスト

青い海

沖縄旅行に必ず必要でなくても、あると役立つ持ち物があります。立ち寄る観光スポットや宿泊施設によって必要なものをチョイスして用意するようにしましょう。

日差しが強い時期や暑い時期にあると嬉しいのが、日焼け対策グッズです。

年間を通して日差しが強い沖縄には、欠かせないものです。特に女性や敏感肌の持ち主の人は、一式揃えて持って行けば現地で快適に過ごせます。

SPFが高い日焼け止め

日焼け止めクリームはSPFが高いものを選んで、海岸で遊んでいても日焼けしないものを選ぶのが賢明です。保湿機能もあり、しっかり肌を守ってくれるようなものにすれば美肌も保てます。

紫外線から目を守るためには、サングラスも必要不可欠です。照り返しにも耐えられるような、サングラスを準備しましょう。

日傘も便利なアイテムの一つで、街歩きなどにぴったりです。日傘があれば紫外線をカットして、眩しさも軽減可能です。

海水浴グッズ

海水浴やマリンスポーツを楽しむときには水着やTシャツ、バスタオル、ビーチサンダルを持ち物リストに入れましょう。海の中に入る予定があるなら水着、海岸でくつろぐときにはTシャツを使います。

バスタオルは海からあがったときにサッと羽織れて、水気を拭き取れます。着替えのときにも身体を隠せるので、役立つことが多いでしょう。

海岸で裸足になると暑さにやられてしまうことがあるので、ビーチサンダルも必要です。ホールド感があり、海に入ったときでも脱げにくいものを選ぶのが大事です。

あると嬉しい便利グッズ

沖縄旅行であると嬉しい便利グッズの一つが、絆創膏です。海岸などで裸足になる機会が多い沖縄旅行では、沢山の絆創膏を使うことがあります。

自分用だけでなく、同行者の分も余分に用意しておけば何かあったときにすぐに貼れます。歩き回ることが多いときには足にも貼って、靴ずれを予防しましょう。

ご飯を食べるとき、砂浜の砂が付いたときに大活躍するのはウエットティッシュです。サッと拭いてすぐに手を清潔にしてくれるので、一つあれば何にでも使えるのがメリットです。

手を洗う場所が見つからないときでも、ウエットティッシュがあれば問題ありません。さらにジッパー付きのビニール袋も便利グッズになります。濡れた水着や下着、靴下などの小物を入れられます。荷物を入れて空気を抜けばコンパクトになり、スーツケースに余白も生まれます。

どんな服装がベスト?季節ごとの洋服の持ち物リスト

美ら海水族館

季節ごとに最適な服装が違ってくるので、旅行する時期はどのような服を持って行けば良いのか知っておきましょう。3月から5月の春の季節は春らしさもありますが、その日ごとに気温が違ってきます。

時期によって寒い日もあったり、かなり暑い日があったりするのでどんな気温でも対応出来る服装を持って行くのがおすすめです。

3月は基本的に肌寒いことが多いので、厚手の上着が向いています。4月は3月よりもやや暑く、いきなり夏日になることもあるので脱ぎ着出来るアイテムを揃えます。5月は梅雨の時期ですが夏日になることがほとんどなので、涼しい格好を心掛けましょう。

6月から8月、9月の夏は連日暑い日が続くので、Tシャツや半パン、通気性の良い洋服を持って行くと失敗しません。クーラーが付いている場所が苦手、寒さを感じやすい人は薄手の羽織ものも使いましょう。

10月から11月の秋は沖縄とは言え肌寒い時期なので、トレンチコートなどがあると寒さをしのげます。12月から1月、2月は冬なのでコートやタイツ、長袖のアイテムをカバンに詰めておきます。

持ち物を入れるスーツケースの選び方

2泊3日、3泊4日程度の沖縄旅行なら、30リットルから40リットルのスーツケースが最適です。

このくらいの大きさなら必要なものが全て入り、お土産なども収まります。5泊以上の長期間の滞在なら、余裕を持たせるためにも50リットル以上のものを使いましょう。

基本的に沖縄は暖かい気候なので厚手の洋服などを沢山持って行くことが少なく、荷物はコンパクトになります。そのことも考えて、スーツケースを選べば失敗しないのです。沢山買い物をする、お土産でいっぱいになりそうなときにはこのサイズよりも大きめにします。

機内に持ち込めるサイズなのかも、事前に確認しましょう。航空会社によって持ち込めるスーツケースのサイズが異なるので、利用する会社の決まりは必ず調べておきます。

サイズがオーバーしてしまうときには一回り小さなスーツケースにして、機内に持ち込めるようにしておくことも大切です。不安なときには航空会社に問い合わせをして、分からないことを聞いておきましょう。あまりに大きなサイズだと追加料金が発生することもあるので注意します。

沖縄旅行で必須とされている定番な持ち物リスト

ハイビスカス
ハイビスカス

現金、キャッシュカード

沖縄旅行の際に必要な持ち物は様々なものがありますが、これだけは持って行きたいというものがあります。必ず必要となるものなので、旅行をする前には必ずカバンに入れておくようにしましょう。

絶対に現地に持って行きたいのが現金です。普段の買い物ではクレジットカードや電子マネーを利用している場合でも、現金は用意しておきましょう。

万が一クレジットカードや電子マネーが使えないお店だったときでも、現金があればトラブルは回避出来ます。数千円から数万円は用意しておいて、お財布に入れておくと安心です。

また急な出費があっても大丈夫なように、キャッシュカードも持参しましょう。何かあったときにコンビニのATMで引き出せるので、とても便利です。持ち歩くのが心配なときには、あまり大金が入っていない銀行口座のキャッシュカードを選択して持って行くようにしましょう。

スマートフォン

旅行先でも大活躍するのは、スマートフォンです。スマホさえあれば宿泊施設に連絡が取れたり、アクティビティーの予約をしたりすることが出来ます。

旅行先で仲間とはぐれたときも、スムーズに連絡が取れるのです。スマホはキャッシュレスの支払いもでき、何かと役立ってくれます。充電器も忘れずに持って行って、いつでもスマホが使える状態にしましょう。

身分証明書

身分証明書や健康保険証も、必須アイテムです。免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書は現地でレンタカーを借りるときに必要で、これが無ければ借りることが出来ないこともあるのです。

またケガや病気などの予期せぬトラブルに見舞われたときにも役立ちます。

健康保険証は病院に行かなければならないときに持っていれば安心して治療を受けられます。現地に持って行くのに抵抗があるときにはコピーでも大丈夫です。

着替え

沖縄旅行に関わらず必ず必要なのが、着替えです。特に沖縄は本州とは違った気候になることもあるので、色々なパターンの服装を用意しましょう。

寒いときには一枚羽織れるように、カーディガンなどを入れておくと温度調節がしやすくなります。その他に下着や靴下など、自分が必要だと思うものを詰め込みます。

旅行する時期や場所に合わせて持ち物を決めよう

沖縄旅行ではどんな場所に行くのか、どこで遊ぶのかなどを考えて持ち物を選ぶと無駄がありません。必ず持って行きたいものと自分が必要だと思うものを集めて、スーツケースに詰めるだけです。

旅行前には持ち物リストも作って、チェックしながら入れると忘れものがなくなります。洋服など小さくなるものはコンパクトに畳んで、隙間を作ることも重要です。

目 次[ジャンプ]