【冬キャンプ】おすすめ便利グッズを紹介!初心者でも成功できる魅力のアイテム。使い方とアイディアを紹介。

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
冬キャンプ
  • URLをコピーしました!

キャンプは夏だけのものではありません。空気が澄んでいる冬もキャンプに適した季節です。ですが、冬の季節にどのようなアイテムを持っていくかで、キャンプの楽しさが全然異なります。

寒冷仕様のテントや服装、暖房などの寒さ対策の必需品について知っておかなければ、冬キャンプの醍醐味は味わえません。ここでは、冬キャンプ初心者におすすめの便利グッズについて詳しく解説します。

目 次[ジャンプ]

寒冷地に最適な服装

冬キャンプの必需品として、真っ先に意識するのが暖かな服装です。たとえ、テントや寝袋などで暖房が完璧でも服装が不十分では寒さ対策とは言えません。なぜなら、キャンプは外で過ごす時間が多いからです。

凍えるような寒さのなかでも、自由に動ける服装がポイントです。そんな時に便利なのが、ダウンジャケットです。キャンプ用のダウンジャケットというと、海外ブランドを連想する人が多いでしょう。

ですが、国内生産にこだわりが強いNANGA(ナンガ)は、日本人の体型にもピッタリです。NANGAでも人気が高いオーロラダウンジャケットは、防水性が高いので多少の雨なら安心してキャンプが楽しめます。デザインもシンプルなので着やすく、ポケットも充実しているので収納にも困りません。

寒さに強いテント

冬キャプ

テントは、寒さ対策をする上でまさに必需品と言えるアイテムです。暖房に効果がないテントだと、冷たい風を防ぐ事ができないため1日中寒さに震えながら過ごさなくてはなりません。

長い歴史を持つコールマンのテントは、機能性とデザイン性に優れているため、冬キャンプにピッタリな一品です。そして、なかにはソロキャンプをしたい人もいるでしょう。その時に、テントを1人で設営するのはかなり大変です。

その点、コールマンのテントは1人でも設営できるため大いに助かります。数ある種類から特におすすめなのが、マスターシリーズです。暖かさを逃さないためのフライシートがあるので、寒いなかでもポカポカに過ごせます。

テントを守るグランドシート

テントや服装、暖房に気をつけても、寒さ対策が万全というわけではありません。

雪の上というのは、非常に不安定です。放っておくと、そのまま雪に埋もれてしまう恐れもあるのです。また、雨が降ったらテントの中に染み込んでくる心配もあります。これでは、安心してテントの中で寛げません。

テントを守るためには、雪から守るアイテムも必要なのです。その時の必需品として挙げられるのが、グランドシートです。雨や水がテントの中に入るのも防いでくれるため、天候が悪化しても安心です。撥水や防水加工に優れている、ロゴス のプレミアム グラウンドシートなどがおすすめです。

全体を暖めてくれるストーブ

いくらテントや服装で寒さ対策をしたとしても、やっぱり寒いのは苦手という人はストーブがあれば安心です。なかでも、ポータブルガスストーブやガスヒーターならば持ち運びも簡単ですし、安全性も高いです。

冬キャンプを楽しく過ごすには、必需品とも言える便利グッズです。おすすめなのは、ユニフレームのハンディガスヒーターワーム2です。キャンプグッズの人気ブランドであるユニフレームが手掛けているため、暖房効果はもちろん、使いやすい工夫がされています。

サーマルコントロールシステムが付いているので、氷点下でも利用できます。ですが、心配なのは一酸化炭素中毒です。一緒に一酸化炭素チェッカーも用意しておくといいでしょう。

イワタニの カセットで暖を取れる、ガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖もおすすめです。

足元を温めてくれる湯たんぽ

冬キャンプの楽しみ方

寒さ対策で意外と見逃しがちなのが、足元の暖かさです。暖房に効果的なテントや服装さえしっかりしていれば、足元も大丈夫だろうなんて考えている人もいます。ですが、暖房は夜中は使えません。

そのため、深夜はかなり冷えます。場所によっては、底冷えがひどくて眠れないという人もいるのです。そこで役立つのが充電式の湯たんぽです。安全性が高いので子供と一緒の時にも役立ちます。

暖かい服装と湯たんぽを組み合わせれば、朝までポカポカに過ごす事も可能です。

美味しい料理にはカセットコンロ

夏のキャンプだったら、バーベキューが定番といえます。ですが、冬キャンプでは外が吹雪く事も考えられます。そんな時の必需品として便利なのが、カセットコンロです。コンパクトなので持ち運びもしやすく、手軽に使えるのでキャンプ飯には最適です。

寒い時期には食べたくなる鍋を味わう事も可能ですし、焼き肉も楽しめます。カセットコンロなら、テントの中でダッチオーブンを使った料理も楽しめます。

暖かい服装をして、熱々の料理を頬張れば暖房も節約できます。使いやすくて安全なカセットコンロなら、イワタニ カセットフー 達人スリム がおすすめです。

これまではカセットコンロは寒さに弱いと言われていました。ですが、このカセットコンロは寒い時期に屋外で使用する事を想定されている商品も多いので、冬キャンプの必需品です。

命を守るスコップ

冬キャンプの場合、暖房などの寒さ対策意外の事にも注意する必要がありますが、場所によっては、除雪をしなければテントが建てられないなんて事も考えられます。そんな時の必需品がスコップです。

スコップが1本あれば、除雪もできて足元も固められます。ですが、長いスコップだと持ち歩くのが大変ですよね。おすすめなのが、キャプテンスタッグのスチールFDスコップです。折り畳み式なので、荷物を運ぶ時にも邪魔になりません。

安全に移動できるスノーシュー

冬キャンプは、寒さ対策だけをすればいいというものではありません。移動の安全も考える必要があります。雪深い地域の場合、少し移動するだけでも足が雪に埋まってしまいます。そこで、便利なのがスノーシューです。スノーシューがあればスムーズに動けるため、冬キャンプ初心者の必需品と言えます。

コンパルのアルミスノーシューM-53は耐久性が高いため、簡単に雪に埋もれるような事はほとんどありません。スノーシューで移動するときには、暖房に効果がある楽な服装を心掛けるといいでしょう。

ぐっすり眠れるモンベルの寝袋

寒さ対策は、就寝中にも必要です。特に、夜中から朝方にかけては一気に気温が低くなるためかなり危険を伴います。日本の老舗ブランドとして知られるモンベルは、何よりも使いやすさに定評があります。寝袋というのは、隙間があると冷気が入ってくるため防寒の役割が半減してしまいます。そのため、暖かな服装を心がける事も大切です。

体にしっかりフィットしたマミー型なら、体にフィットするため保温性も高く、軽量などで移動する時にも楽々運べます。寒い季節に、テントの中でゆっくり休むには寝袋は必需品としてピッタリです。

ムードを高める焚き火台

冬たき火

冬キャンプでは、焚き火を楽しみにしているという人もいるでしょう。寒さから身を守ってくれますし、ムーディーな演出も可能です。それに、焚き火は料理を作る時にも役立ちます。この時、直火を選択する人もいますが、直火だと炭の処理に困ったり、危険だったりとデメリットに感じる事もあります。

安心安全のためには、焚き火台が必要と言えます。軽量で持ち運びしやすいピコグリル 498は、冬キャンプの必需品にしてもいいぐらい便利です。ですが、焚き火をする時には注意点もあります。焚き火は暖房をとるのに便利だからと、テントのすぐ近くでするのは危険なのでやめましょう。また、燃えやすい素材の服は避ける事で安全が守られます。

まとめ

冬キャンプの寒さ対策の必需品として暖房に効果的な服装やテントを取り入れる時の注意点 冬キャンプに行く時には、暖房に効果的な服装やテントなど様々な便利グッズを活用すると、寒さ対策に大きなメリットとなります。

実際にキャンプに持っていく前には、使いやすいかどうかを確かめておく事も大切です。自分に合っている便利グッズを必需品として選ぶ事で、暖かくて充実した冬キャンプが経験できます。

目 次[ジャンプ]